更新日:

還元率が高いカードが使われる2つの目的


人々は、たまに対抗馬を必要とする事があります。誰かに対抗する局面もある訳ですが、そのさいには一定以上の資金投資が必要なケースも珍しくありません。

そしてお金が必要な局面では、しばしばクレジットカードが求められる訳です。そしてお金をカードで支払いますと、多くのポイントが付与される事になるのです。ですので対抗馬を立てる為に、高い還元率のカードが用いられる事も、珍しくありません。

それと株式投資などでも、それが用いられる局面が多々あります。いわゆる東証の銘柄などを用いて、投資を行っている方も見られるのですが、その際にカードを使うケースも多々あるのです。 そして株式投資では、還元率の高いカードはメリットが大きいです。一度そのカードで入金をしますと、多くのポイントが付与される事になります。かなりのポイントになるので、それにメリットを感じる方も非常に多いです。

このように対抗馬や株式投資など2つの目的で、カードが用いられるケースは珍しくないのです。




無職でもクレジットカードを持てる?


ヤングゴールドカードというのをご存知でしょうか。ゴールドカードと言いますと、それなりの収入がない方でしか持てないイメージかもしれませんが、最近では無職でもクレジットカードを手軽に取れるゴールドカードも多くあります。その1つがヤングゴールドカードです。

ゴールドカードは年齢制限とかがあって若い人には作りにくですが、このカードは年齢制限を下げて若者でも作れる様にしているゴールドカードとなっています。通常のゴールドカードよりも年会費が安かったり、審査の基準が緩かったりと多くの若者にゴールドカードを手に入れるチャンスを与えているカードとなります。それに将来的に、通常のゴールドカードが作成できる年齢になれば、通常の方と切り替える事もできます。

ヤングゴールドカードの利点としては、維持費を安くしながらもゴールドカードの充実した特典を受ける事ができる事です。空港のラウンジの利用や、海外や国内旅行の保険など、ゴールドカードというのは様々な特典を受ける事ができます。それをお手頃な価格で受ける事ができますので、あんまし財布を痛ませずに済むというのが、とっても魅力的だと思いますね。

ヤングゴールドカードだけの事ではないですが、通常のゴールドカードに関しても、段々と基準が緩くなっている傾向があります。ですので、ヤングカードを狙うというのも良いですが、通常のゴールドカードに関しても、探せば若くても入手できる物というのがあると思いますので、両方探すのも良いかと思います。


イトーヨーカドーなどの日本生まれのカードの特長


クレジットカードを選ぶ基準の1つは、還元率の高低です。それが高いか低いかによって、ポイント付与のお得度も変わってくるからです。 ちなみにカードの多くは、アメリカで登場しています。ですが、中には日本生まれのカードもあるのです。

例えばイトーヨーカドー関連のカードです。非常に有名なお店ですが、それにはポイントバックのシステムがあります。 例えばそのお店で買い物をして、カードで支払ったとします。その際には、後日にポイントが付くのです。いわゆる現金に相当するポイントが発生するので、軽視できないと思う方々も多いです。

そしてそのお店を頻度多く利用する方にとっては、そのカードはメリットが大きいです。他のカードで買い物をするよりは、そのお店でのポイントが多くなります。必然的にお得度も高まる訳ですから、多くの方々はその日本生まれのカードを使っている訳です。 このように日本製のカードには、リピーターの方々にとってメリットが大きいタイプが幾つも見られます。


ACマスターが便利な二つの理由


消費者金融会社の中でも最大手の金融会社が提供するアコムマスターカードオススメされる理由は、
このカードに二つの便利なサービスがあるからです。
そのサービスとは、 キャッシングクレジット機能です。 消費者金融会社が提供するサービスは基本的に
融資のサービスとなるのですが、このアコムマスターカードに申し込みをし、自宅にカードが届きますと、
現金を借りることなく欲しい商品やサービスをクレジットカードとして使う事で購入する事ができるのです。
購入した商品は一括払いにすることもできますし、高額の商品ならばリボルビング払いや分割払いに
して決済する事も可能になります。
クレジットカードの便利な点は現金を持っていなくても欲しい商品を購入する事ができる点にあり、
インターネットが普及した現代社会では、オンラインショッピングでの決済手段の最有力候補です。

 

 

セキュリティのシステムが整いつつあるインターネット上のサイトでクレジット決済をしますと、その場で
商品やサービスを購入する事ができます。通販サイトならば購入と同時に商品が発送されますので、
早ければ決済の翌日に商品が届くこともあります。そしてそれはサービスの購入についても同様の
ことが言えます。
オンラインゲームや有料のメールマガジン、電子書籍などのサービスは購入と同時に
オンライン上で利用することができるので、インターネット上のショッピングをクレジットカードが便利に
するのです。


個人事業主の方は法人カードの使用がオススメです。


個人事業主として働くようになった場合は、個人事業主用の銀行口座の開設と共に法人用のクレジットカードを作っておく事をオススメしたいと思います。何故かと言うと、プライベートのお金の出入りと個人事業主としてのお金の出入りを区別する事で会計処理の効率改善が出来るようになるためです。

特に、個人事業主として仕事を始めると、交際費や仕事に使う道具などもそうですが、一番掛かるのは交通費だと思います。そこで、法人向けのガソリンカードを使用する事で少しでも安く給油して経費削減をしたいという希望も叶える事が出来ます。法人用のガソリンカードは各ガソリンスタンドにあり、ブランド毎に特典や割引方法なども違ってきますので、良く利用するガソリンスタンドのカードを作る事をオススメします。

また、楽天市場などを利用していて、持っている方も多い楽天カードにも法人カードが存在します。楽天の法人カードは楽天プレミアムカードを持っている方が追加料金を払う事で持つ事ができ、幅広い要望に対応していただけます。審査も他のカードに比べて緩いと言われているので、プレミアムカードを持っている方で法人カードを検討している方にはオススメしたい一枚です。


アコムマスターカードなら1枚で2役


アコムマスターカードは、キャッシングの会社として有名な三菱UFJファイナンシャル・グループの
上場企業であるアコムで作ることのできるクレジットカードです。

 

年会費は無料で、ロードサービスもついています。他のクレジットカードと比較して、審査が通り
やすいのも特徴の1つです。

 

学生やフリーター、パートの方や、派遣社員や自営業の方なども簡単に作る事ができます。

 

24時間365日いつでも申し込み可能で、一部のむじんくんではその場でカードを受け取る事が
できます。アコムマスターカードは、アコムのメリットとマスターカードのメリットが両方ついています。

 

アコムのメリットでは、急に資金が必要な場合にキャッシングを行う事ができますし、マスターカードの
メリットでは世界中で使えるクレジットカードブランドとして、よほどインフラが整備されていない後進国に
行かない限りは世界中のほとんどの国で使用可能で、急な旅行や海外出張などにも柔軟に対応する
ことができます。
更に、利用明細書がアコムのマスターカード サイト、つまりインターネット上でいつでも確認できる点もメリットです。
明細書受け取り不要とすれば、自宅に明細書が郵送される事はありませんので、不本意に周りに
知らせる必要なく利用をする事ができます。

 

もし、ネット環境が無い場合でも、ATMからも明細を受け取れるので安心です。 アコムマスターカードのデザインも魅力の1つで、消費者金融系のクレジットカードとは考えにくいシンプルなデザインをしています。

所得証明書不要のキャッシングとは


金融機関から融資を受ける場合には、本人確認書類と所得を証明する書類が必要となりますが、必ずしも所得証明書が必要なわけではありませんので、金融機関の指定する条件を確認して選んでいくことがポイントになります。

貸金業法では、1社からの融資が50万円を超える場合や、借入額の合計が100万円を超える融資を行う場合には所得証明書の取得が義務付けられています。逆に考えれば総額で50万円未満の融資であれば所得証明書不要でキャッシングが利用できることになります。ですから、一定の収入があって50万円未満の融資を行う場合には所得証明書不要で利用できることになるのです。

ただし、金融機関によって条件が異なる場合がありますのでしっかりと確認する必要があります。所得証明書不要でキャッシングを利用するには、借入額の合計が100万円を超えないことが条件となります。これは1社だけではなく複数の金融業者の借入額が該当しますので、複数の金融業者から借入を行っている場合には所得証明書が必要になるのが一般的です。

所得証明書は不要であっても、本人確認書類は必ず必要となるものですから、運転免許証やパスポートなど指定される書類を準備することが求められます。所得証明書不要で利用できるキャッシングは、借入額の少ない人が該当するものですから、100万円を超える借入がある場合にはほとんどの場合で提出を求められることになります。

所得証明書は会社から発行してもらう必要があるため、キャッシングの利用を知られたくない場合には、所得証明書が不要な金融業者(消費者金融:収入証明書・所得証明書不要で借入OK)を利用するのが良い方法なのでです。